CNRS

Rechercher




Accueil > Actualités

Réécrire le Roman du Genji : traduire, commenter, adapter

publié le , mis à jour le

Colloque international

Réécrire le Roman du Genji : traduire, commenter, adapter

源氏物語を書き変える:翻訳、註釈、翻案

23 - 25 mars 2017

Coorganisé par le CEJ-Inalco et le CRCAO, avec le soutien de la Fondation du Japon et de la Fondation Internationale Toshiba en collaboration avec l’Université de Californie, l’Université Keiai, l’Université Meiji Gakuin et l’Université Waseda (SGU Project "Global Japanese Studies" - MEXT Grant)

Jeudi 23 mars 3月23日(木)18:30-20:30

Maison de la culture du Japon à Paris パリ日本文化会館 
101Bis Quai Branly, 75015 Paris (inscription obligatoire 予約要) Métro Bir-Hakeim

18 h 30 : Allocutions d’ouverture 開会の挨拶

M. Sugiura Tsutomu (president de la Mcjp) et Michaël Lucken (directeur du Cej-Inalco)

杉浦勉パリ文化会館館長 ミカエル•リュケン(イナルコ日本研究センター所長)

18h40 : Alexandr Meshcheryakov (Université d’Etat des sciences humaines de Russie)

アレクサンドル•メシェリャコフ(ロシア国立人文大学)

Conférence inaugurale : La réception et la traduction de la littérature de l’époque de Heian en Europe – l’exemple russe

基調講演 : 欧州における平安文学の翻訳と受容 ― ロシアの場合について

(en japonais, résumé en français 日本語、レジュメ フランス語)

19 h 30 : Emmanuel Lozerand (Cej-Inalco) エマニュエル•ロズラン(Cejイナルコ)

La réception de la littérature classique japonaise en France

フランスにおける日本古典文学の受容

(en français, résumé en japonais フランス語、レジュメ日本語)

20 h : Discussion 討論 (Interprétation consécutive français-japonais 日仏逐次通訳)

Discutant : Daniel Struve (Crcao-Université Paris-Diderot)

ディスカッサント: ダニエル・ストリューヴ(Crcao-パリディドロ大学)

Vendredi 24 mars 3月24日(金)

Auditorium de l’Inalco イナルコ イベントホール(オーディトリウム)

9h 30 : Présentation générale du colloque, Anne Bayard-Sakai (Cej-Inalco)

位置づけ•趣旨説明:アンヌ•バヤール坂井(Cejイナルコ) (en français /日本語)

Session 1 : La fabrique du Roman du Genji 源氏物語をつくる

Présidente de séance : Estelle Leggeri-Bauer (Cej-Inalco) 司会 : エステル•レジェリ=ボエール(Cejイナルコ)

9h45 : Tateishi Kazuhiro立石和弘

La traduction en tant que culture de la transformation 加工文化としての翻訳

(en japonais, résumé en français 日本語、レジュメ フランス語)

Discutante : Cécile Sakai (Crcao-Université Paris-Diderot, MFJ)

ディスカッサント : セシル坂井(Crcao-パリディドロ大学•日仏会館)

10h 35 : Anne Bayard-Sakai (Cej-Inalc) アンヌ•バヤール坂井(Cejイナルコ)

Lire et écrire le Genji aujourd’hui  今源氏を書くこと、そして読むこと

(en français, résumé en japonais フランス語、レジュメ日本語)

Discutante : Kitamura Yuika (Université de Kôbe)  ディスカッサント:北村結花(神戸大学)

Pause-café コーヒーブレイク 11h25-11h45

11h45 : Jinno Hidenori (Université Waseda) 陣野英則(早稲田大学)

Plus qu’une traduction, moins qu’une adaptation : le cas de « La Fleur dont se cueille la pointe » par Machida Kô (Neuf variations sur le Roman du Genji)

翻訳以上、翻案未満 ― 町田康「末摘花」の場合 ―(源氏物語九つの変奏)

(en japonais, résumé en français 日本語、レジュメ フランス語)

Discutante : Kitamura Yuika (Université de Kôbe)  ディスカッサント:北村結花(神戸大学)

12h35 : Discussion finale de la première session 第一セッションの総合討論

Déjeuner 昼食13h25-14h50

Session 2 : Lire le Roman du Genji 源氏物語をよむ

 

Présidente de séance : Claire-Akiko Brisset (Crcao-Université Paris-Diderot)  

司会 : クレール碧子•ブリッセ(Crcaoパリディドロ大学)

14h50 : Midorikawa Machiko (Université Waseda) 緑川真知子(早稲田大学)

Quel avenir pour les commentaires critiques et notes en bas de page du Roman du Genji en anglais

『源氏物語』英語註釈の可能性 (en japonais, résumé en français 日本語、レジュメ フランス語)

Discutant : Michel Vieillard-Baron (Cej-Inalco)

ディスカッサント : ミシェル•ヴィエイヤール•バロン(Cejイナルコ)

15h40 : Karel Fiala (Université préfectorale de Fukui, Bibliothèque préfectorale de Fukui)

カレル•フィアラ(福井県立大学、福井県文書館)

Le Roman du Genji dans le contexte tchèque de la traduction

チェコの翻訳伝統からみた『源氏物語』の翻訳

(en japonais, résumé en français 日本語、レジュメ フランス語)

Discutant : Michael Watson (Université Meiji Gakuin)

ディスカッサント:マイケル・ワトソン(明治学院大学)

Pause café コーヒーブレイク 16h30-17h

17h : Daniel Struve (Crcao-Université Paris-Diderotダニエル•ストリューヴ(Crcao-パリディドロ大学)

La structure du texte et ses conséquences sur la traduction文、その構造と訳の在り方について

(en français, résumé en japonais フランス語、レジュメ日本語) Discutante : Lone Takeuchi (U. de Londres)  ディスカッサント : 竹内ローネ(ロンドン大学)

17h50 - 18h40 : Discussion générale de la session 2 第二セッションの総合討論

Samedi 25 mars   3月25 日(土)

Amphithéâtre Buffon de l’Université Paris-Diderot ビュフォン大講堂(パリディドロ大学)

Session 3 : Transposer le Roman du Genji  第三セッション 源氏物語をうつす  

Présidente de séance : Michel Vieillard-Baron (Cej-Inalco)

司会 : ミシェル•ヴィエイヤール•バロン(Cejイナルコ)

10h : Rebekah Clements (Université de Durham) レベッカ•クレメンツ(ダラム大学)

Avec leurs propres mots : les traducteurs du Roman du Genji de l’époque d’Edo et du début de l’ère Meiji

彼等自身の言葉で―江戸及び明治初期の『源氏物語』の訳者たち

(en japonais, résumé en français 日本語、レジュメ フランス語)

Discutante : Hatanaka Chiaki (Université Keiai)  ディスカッサント :畑中千晶(敬愛大学)

10h50 : Kannotô Akio (Université Atomi Gakuen)  神野藤昭夫(跡見学園女子大学)

Les voies ouvertes par Yosano Akiko dans le domaine de la traduction de textes classiques avec sa Nouvelle traduction du Roman du Genji. (Je préfère la seconde) Cela m’est égal !

与謝野晶子が切り拓いた古典翻訳―『新訳源氏物語』の座標 

(en japonais, résumé en français 日本語、レジュメ フランス語)

Discutante : Gaye Rowley (Université Waseda)  ディスカッサント:ゲイ•ローリー(早稲田大学)

Pause caféコーヒーブレイク 11h40-12h10

12h10 : Lee Misuk (Université nationale de Seoul) 李美淑(イ•ミスク、 韓国ソウル大学校)

La traduction du Roman du Genji en coréen et le renouveau de la littérature classique japonaise

『源氏物語』の韓国語訳と日本古典文学の再誕生

(en japonais, résumé en français 日本語、レジュメ フランス語)

Discutante : Sumie Terada (Cej-Inalco)  ディスカッサント:寺田澄江(Cejイナルコ)

Déjeuner 昼食  13h-14h30

Présidente de séance : Cécile Sakai (Crcao-Université Paris-Diderot, MFJ)

司会 : セシル坂井(Crcaoパリディドロ大学•日仏会館)

14h30 : Michael Emmerich (Université de Californie)  マイケルエメリック(カリフォルニア大学)

L’apport du Roman du Genji aux recherches en traductologie

翻訳研究にとって『源氏物語』とは何か

(en japonais, résumé en français 日本語、レジュメ フランス語)

Discutant : Kobayashi Masaaki (Université de cycle court de jeunes filles Aoyama Gakuin)

ディスカッサント:小林正明(青山学院女子短期大学)

15h20 : Discussion finale de la troisième session  第三セッションの総合討論

Pause café コーヒーブレイク 16h10-16h40

16h40 : Table ronde de clôture animée par Anne Bayard-Sakai (Cej-Inalco)

全体討論 司会 アンヌ•バヤール坂井(Cejイナルコ)

Cocktail カクテル 18h30-19h30

Interventions en français et en japonais (avec mise à disposition de résumés en français et/ou en japonais) et interprétation consécutive (français-japonais) lors des discussions

Entrée libre dans la limite des places disponibles

· Pôle de Langues et Civilisations (Bulac-Inalco), 65, rue des Grands Moulins 75013

· Amphithéâtre Buffon, 15 rue Hélène Brion, 75013 (rue parallèle à la Halle aux farines de l’Université Paris Diderot)

Métro et RER : Bibliothèque François Mitterrand

Plan Bulac-Inalco : http://www.inalco.fr/contact

Plan U. Paris Diderot : http://www.univ-paris-diderot.fr/DocumentsFCK/implantations/File/Plan_A3_GE_2012-2013.pdf

Buffon : http://www.univ-paris-diderot.fr/sc/site.php?bc=implantations&np=BUFFON&g=sm

Pour tout renseignement : sumie.terada@inalco.fr

Colloque : entrée libre sans réservation

Réservation obligatoire pour les conférences du jeudi 23 mars

Ouverture de la réservation : 30 jours avant les conférences

http://www.mcjp.fr/ ou par téléphone au 01 44 37 95 95 du mardi au samedi de 12h a 19h30

2017年3月パリ国際シンポジウム『源氏物語を書き変える:翻訳、註釈、翻案』

2017年3月24—25日

rrejyuレジュメe

第一セッション 源氏物語をつくる

9h45 立石和弘:加工文化としての翻訳

翻訳・翻案・注釈・解説・研究・本文校訂、これらは全て加工文化として括ることができる。厳密に言えば『源氏物語』は「オリジナル=原典なき加工文化」としてのみ現象しうるが、いまだ「オリジナル幻想」を前提とした、「オリジナル=原典」と「加工文化」の二項対立的把握が支配的である。しかし紫式部筆原本(のようなもの)が存在しない以上、我々が対象化しうる『源氏物語』とは、写本にせよ注釈書にせよ、翻訳・翻案にせよ、ことごとく加工作品であると言わざるを得ない。こうした理解のもと、今回、加工文化研究として対象化するのは、「源氏物語」という集合的イメージの内実と、その文化作用である。ジェンダー・セクシュアリティ・ロイヤリティ・コロニアリズム・オリエンタリズム・オクシデンタリズムなどを切り口に、できるだけ大風呂敷を広げて考えてみたい。 

10h35 アンヌ•バヤール坂井(イナルコ): 今源氏を書くこと、そして読むこと

The contemporary readers of Japanese literature are unable to read the classical texts in their original version, and can only reach them through derivative versions, written in modern language, such as translations. Thus, new publishing projects are built, offering access to classical texts through translations provided by well-known writers. In the case of the Genji monogatari, those intralinguistic translations are but one of the numerous phenomenon related to the proliferation of derivative texts, rewritings, parodies, transpositions of different kinds. Some of the main features of those derivative texts are analysed here, in order to determine how a canonical text can exist in Japan today.

11h45陣野英則(早稲田大学):翻訳以上、翻案未満―町田康「末摘花」の場合―(源氏物語九つの変奏)

古典文学の翻訳(現代語訳をふくむ)には、原文を出発点としながらも、再-創造」する面があるだろう。光源氏の一人称形式にまとめられた町田康「末摘花」では、翻訳以上、翻案未満の創意工夫が多くみられる。他の現代語訳、英訳などと比較しつつ、町田作品の創造が『源氏物語』そのものへと迫ってゆくさまをとらえてみる。たとえば現代日本語訳では、橋本治『窯変源氏物語』が同様に光源氏の一人称形式をとっている。橋本作品は、一見すると町田作品よりも原作に近いという印象を与えるだろうが、むしろ町田作品の破天荒にもみえる一人称が、『源氏物語』そのものの 「人称」のない世界へと連なる可能性を有すると考えている。

第二セッション 源氏物語をよむ

14h50 緑川真知子(早稲田大学) : 『源氏物語』英語註釈の可能性

 源氏物語英訳には、初の英訳である末松謙澄訳(1882年)をはじめとして(その他の言語への訳も多かれ少なかれ同様であるが)、何らかの脚注が施されている。それは時代と共に詳細なものとなり、2001年タイラー訳に至っては相当な分量となり、巻末の補注も詳細を極めている。(その脚注の分量は2015年出版のウォッシュバーン訳では、大分後退しているが、これはまた別な問題となる)。一般読者にとっては、これらの脚注は十分であるか、或いは煩わしいものでさえあるとも言えよう。

 しかし源氏物語の世界には、インターテクスチャリテー(間テキスト性)ということを包含しつつ受容論という文学の歴史的側面を重んじると、脚注では補えない重層的かつ多様な展開がある。

 学の基礎としてのgloss(語注釈)というところから発しても、今各国語に訳され世界文学となったともてはやされる『源氏物語』であるが、聖書注釈は言うに及ばず、英語圏における古典である、ホメロス、ヴェルギリウス、ダンテらの作品には詳細な注釈が何冊も存在しているが、源氏物語はその点においてはるかに遅れを取っている。

 21世紀を見つめるときに、その英語注釈の存在の可能性が見えてくる。

 本発表においては、詳しい注釈を持つ平安文学の英訳作品を参照しつつ、源氏物語英訳注釈の問題点、出版されている英訳における脚注のあり方などを見て、また項目立ての方法などを検証し、その可能性を探っていきたい。

15h40 カレル•フィアラ(Karel Fiala 福井県立大学、福井県文書館) :チェコの翻訳伝統からみた『源氏物語』の翻訳

 日本に仏教、儒教などとともに持ち込まれた文字文化は間接的に、和文化の神話、和歌や物語の表記に必要な仮名も生み出した。

 『源氏物語』は誕生したとき、世界的に類例のない作品であった。作者の才能は日本固有の物語や女性の日記文学によって育てられたが、中国文化・和文化・インド文化などの様々なジャンルの影響を受けている。『源氏物語』は文化の多角化・国際化の産物でもある。

 チェコにも文字は遅くても九世紀に宗教(キリスト教)とともに持ち込まれたが、ヨーロッパの環境では、どの言語が聖書や世界の文化遺産の翻訳に相応しいかについて長い論争があり、チェコ語とチェコ民族の存在の意義を翻訳作業によって証明することが必要なチェコ文化復興期の時代もあった。 

 本日の発表では、「言霊思想」や「禁忌語や諱を唱えることによる冒涜」と関わる『源氏物語』の文章のチェコ語訳問題を取り上げ、異文化間で異なる言語、語彙と表現の評価についてお話ししたい。

 さらに、音読固有の表現と文の切り方の翻訳にも注目する。

17h ダニエル•ストリューヴ(Daniel Struve パリディドロ大学) :文、その構造と訳の在り方について

現代の認識においてテクストの基本単位である文に立ち戻って、「箒木巻」の源氏グループ仏語訳を基に、切り•つなぎのメカニズムから翻訳によって明らかになる問題を考えてみたい。

3月25日

第三セッション 源氏物語をうつす ビュフォン大講堂(Amphi Buffon パリディドロ大学)

10h レベッカ•クレメンツ(Rebekah Clementsダラム大学) : 彼等自身の言葉で―江戸及び明治初期の『源氏物語』の訳者たち

This paper explores the terminology and metaphors used by Edo and early-Meiji period translators to describe their work. With few exceptions, it was largely through metaphor and literary allusion that they expressed their opinions about translation, and it is thus to such metaphors, found in prefaces and the titles of works, that scholars must turn. Though prefaces were often written tongue-in-cheek, a cautious examination reveals common themes that paint a clearer picture of vernacular translation in Genji reception history. In particular, it is possible to observe a change over time as translators exhibited a growing confidence in the value of vernacular translation. Motoori Norinaga’s translation of the Kokinwakashū was pivotal in this regard.

10h50 神野藤昭夫 (跡見学園女子大学) : 与謝野晶子が切り拓いた古典翻訳―『新訳源氏物語』の座標

 日本近代において、『源氏物語』の広汎な読者層を掴み育てたのは、与謝野晶子の『新訳源氏物語』(一九一二~三)によるところが大きい。その訳の特色と魅力を、『源氏物語』中の和歌がどう翻訳されているかに焦点をあて、『新訳源氏物語』成立経緯に伴う内部事情をも視野に入れながら、その様相を明らかにし、論じてみたい。この話題は、『源氏物語』普及に多大な役割を果たした室町以来の「梗概」史における和歌の問題、内外の(日本語及び外国語への)翻訳における和歌の問題、さらには物語(『源氏物語』だけにとどまらない)における和歌の問題などと響かせることによって、議論の環を広げることができるであろう。

12h10 李美淑(Lee Misukイ•ミスク 韓国ソウル大学校) : 『源氏物語』の韓国語訳と日本古典文学の再誕生

『源氏物語』韓国語翻訳・注解を対象に、注解者自身の作品の読みが韓国語翻訳・注解にどのような影響を及ぼしているのか、翻訳・注解にあたって直面する主語、述語の時制、和歌の翻訳など様々な問題について考察することによって、翻訳による日本文学の再誕生、書物としての日本文学の新たな形作りということについて考えてみる。

14h30 マイケルエメリック(Michael Emmerich,カリフォルニア大学):翻訳研究にとって『源氏物語』とは何か

千年以上、いろいろな形で受容されてきた『源氏物語』のような作品は世界的に大変希少だ。しかも、古語と現代語、和文と漢文、写本と版本と活字本などの関係のなかから、「翻訳という概念自体をどう捉えるべきか」という問題について考えさせられる非常に示唆深い資料が、その長い受容史にはたくさんある。具体例に触れながら、翻訳研究という分野に今後『源氏物語』の研究者がもたらしうるさまざまな貢献について考えたい。